モーレツにいきおいで

思いつくままに書きなぐってます

地鎮式ってやるのが普通なの?

来月、新築の我が家が建つ。

(つまり、3600万円もの借金を背負う)

家を建て始める前に地鎮式という儀式があるのだが、

日頃、葬式と結婚式と初詣とクリスマスぐらいしか宗教行事と関わりのない私には、本当に必要なのかさっぱりわからない。

しかも、玉ぐし料?だかで5万ぐらい持っていかれたのである。

1時間もかからない儀式で5万とは、、、神主とはなんとボロい商売なんだろうか。

 

ただ、人生1度だけになるだろう高額な買い物を前に、神様に無事をお祈りしておきたくなるのはよくわかる。

 

その時に使った日本酒を飲んでいたら、そんなことが頭に浮かんだ。

マウスコンピューターってどうなんだろう?

マウスコンピューターのCMも見慣れてきた最近。

そろそろ、私のノートパソコンも買い換えたいところである。

 

大学生の頃、5万で買った、安物のノートパソコン。

あぁ、ノートパソコン君。

君は本当に今まで私についてきてくれてありがとう。

本当に重たくて、持ち運びには肩がこるし。

本当に最近は動きが重たくて、イライラを積もらせてくれる。

でも、もう10年近くも頑張ってくれた君には感謝しかない。

ありがとう、ありがとう。

 

早く欲しいな、早くて軽いノートパソコン!!

出産前に買うもの

とりあえず、チャイルドシートは買った!

なるべく安いのにした。

車乗り換えるかも知れないし。

てか、乗り換えないとツードアで子育てはハードモードだ。

 

あとは何を買えばいいのやら!

こちらの無知に漬け込んで、赤ちゃん専用商品が山ほどある。

本当にそれは必要なんだろうか?

 

困った困った

広告を非表示にする

子供ができたら、大忙し

年末に父になる。

嬉しいことだ。

しかし、何かと忙しい。

やれ、健診だ。

やれ、入院の用意だ。

やれ、産後の準備だ。

やれやれだ。

 

しかし、妻のお腹を触り、我が子の胎動を感じると幸せになる。

あぁ君は僕に幸せを運んでくれる天使なんだね!!

 

無事、健康に生まれてきますように

モッピーとかいう、ポイントサイトに登録してみた

稼げる人は100万/月ぐらい稼いでいるという噂のポイントサイトに登録してみた。

 

登録して4日目だが、そんなに稼げる気配はない。

おそらく友達紹介がウハウハ状態の人がそんだけ稼げるようになるんじゃないかと予想する。

 

しかし、資料請求とうで、2〜3000円ぐらいは楽に稼げそうな見込みだ。

これをビットコインに交換して、ビットコインが暴騰して、、、グフフ。ウハウハ状態になりたい。

 

4日目にしてやってることは、きのことたけのこの戦いのくだらないゲームをひたすら放置して、たった80p(円換算80円)の獲得を目指しているに過ぎない。

 

しかし、それでももう少し続けて見ようと思えるのは、ポイントの交換先にビットがあったからに他ならない!

プリーズ、ビットコインの大高騰!

ビットコインなどという得体の知れないものに自腹は怖い。

だから、自分の情報というもっと大事にも思えるものを売り払ってポイントを稼ぎ、ビットコインに交換するのだ!

 

ご来訪のあなた!

是非こちらから、モッピーに登録して一緒にビットコインに夢を託そうではありませんか!!

http://moppy.jp/top.php?c3yFe1b5

 

私が1人勝ちしたのを確認してから、あの時やっておけばなんて思わないように

http://moppy.jp/top.php?c3yFe1b5

私はもうすぐ3,500万円の借金を背負わされることになりそうだ

もうすぐ、家を建てることになりそうだ。全ては犬を飼うために。今のアパートはペット不可なのである。

家を建てるということは、借金を背負うことになるわけだ。そう、君の名は、、、住宅ローン。

35年ローン。その時多分64歳。ギリギリ定年前に払いおえられるだろう。
家を建てれば、多くのメリットを得られる。
だが、現状の給与で、残りの人生で稼ぐことができる金額を計算したら、おそらく1億程度となる。
その生涯給与の内3,500万円を家の購入にあたるのは本当に正しい選択なのだろうか?という疑問が湧き上がってきた。
家を買わなければ、このお金で何ができらだろうか?温泉旅行、海外旅行。いや、世界一周ですら可能ではないか!!
このお金を自己投資に回したらどれほどの勉強ができるだろうか!?
このお金で子供にもっといい教育をうけさせてやることができるのではないか?
これらのことを犠牲にしてまで、本当に家は必要なのだろうか?本当に新築じゃなくてはならないのか?立地条件を落としてもいいのでは?

家を建てることが具体性を帯びた時からこのような疑問が湧き上がり、間取りを考えている今現在も答えは出ないままである。

ここまで書ききって気づいてしまったことがある。
どうせ家賃に回る金で建てるだけだと。

あだち充の「クロスゲーム」が好きだという話

あだち充さんの漫画は全部主人公の性能がチートという問題がありますが、私は好きです。

ドラマ版の「H2」の石原さとみの垢抜けない感じも好きです。関係ないけど。

この「クロスゲーム」は主人公の幼馴染の女の子が小学生の頃に、キャンプで川に流されて亡くなってしまうところから物語が始まるのです。
「タッチ」もそうでしたが、人が死んでしまうのはズルいですよね。
でも、「クロスゲーム」の場合は色々な登場人物の想いもクロスしておりまして、想いをクロスさせるためにも幼馴染の死という心のブレーキが必要になるのです。だから、仕方ない。
そういえば幼馴染っていうのもあだち充さんよ常套手段ですね。全部同じ話だと言われる所以ですね。
現在連載中の「MIX 」は血の繋がらない兄弟との恋愛模様のようですがね。

ところで、あだち充さんの「クロスゲーム」のどこが好きかというところですが、これはどの作品でも共通ですが、主人公の『ひたむきさ』ですね。

「高校生」+「ひたむき」+「恋愛」=「青春」≒「思い出」+「感傷」

あまりに主人公が野球にあっさり打ち込みすぎてて、物語が淡白になる原因だとも思うのですが、そのひたむきさが部活時代を思い出させてくれる。
そして、なんとなくじれったい恋愛もあの頃の甘酸っぱい感じも思い出させる。(ところで、恋愛の表現で甘酸っぱいというのはあっているのだろうか?甘酢あんかけって普通にご飯にめっちゃあっちゃうし。結構ガッツリ系のおかずを想像できてしまう。では、甘苦いでいいかというと、、、やはり違う。やむおえず甘酸っぱいを使わざるを得ないだろう。)
クロスゲーム」をみるたびに高校生に戻って、もう一度甲子園を目指したいと思うものだ。筆者は高校時代はバスケ部だったのだが。
今度生まれ変わったら、絶対に甲子園を目指す高校球児になりたいと思う。俺が甲子園に連れてってやるよとか言いたい。だが、筆者は炎天下でのスポーツが苦手なので、おそらく途中リタイアで、「てんちょー部活やめるってよ」という話題が学校内を駆け巡ることだろう。だが、それはまた別の話。というか、生まれ変われるなら、その弱点も直して欲しいものである。そして、更にもう一度生まれ変わったらサッカーで国立を目指したい。トシ、サッカー好きか?とか言いたい。炭酸を抜いたコーラで水分補給をしたい。

つまり、この作品をみるといつも、現状への謎の焦燥感とスポーツにもう一度打ち込みたい衝動とまた初恋に落ちたい欲求に駆られて、今までの人生の選択を振り返させられるのである。