モーレツにいきおいで

思いつくままに書きなぐってます

会社員にかかる主な税金は住民税と所得税

昨日、会社員にかかる主な税金を調べた。
しかし、整理できていないので大したことはかけないだろう。
とりあえず、現状で言えることは、給料から天引きされているものの中で主な割合を占めるのは、健康保険料と厚生年金保険料であって、税金の割合はあまり多くはない。
それでも、年間で見ると10〜20万程度は住民税と所得税で支払っているはずなのでもし節税することができれば、ちょっとしたお小遣いぐらいは残るかもしれない。
もう少し調べてみたいと思う。

節税をするにあたって、税金の基礎知識。
住民税も所得税も、会社員(所得が給与所得のみ)の場合は給料の多さによって決まる。
そんなことは当たり前なのだが、給与所得だけで税額が決まるわけではないのが税金のややこしいところである。
会社だと売上から必要経費を引いた利益に対して税がかかるように、会社員も必要経費を引いた額に税がかかる。
会社員の必要経費とは生きるために必要なお金と、仕事する上で必要だったお金だ。
こういった、課税を免除されるものを控除という(たぶん)。
この控除というのは種類がいろいろあって、その中に会社員でも節税効果の高そうなものを探したいというわけだ。
広告を非表示にする