読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーレツにいきおいで

思いつくままに書きなぐってます

養老保険(生命保険控除)と個人型確定拠出年金(iDeCo)

自分で貯める年金について書きたいと思う。

結論だけ述べようと思う。
(私の調べた限りだが)
養老保険より個人型確定拠出年金から先に始めるべき。
(死亡保障は別で用意すればいいと思う)

理由
生命保険控除は2016年現在では所得控除額が最大40,000円。この控除額で安くなる税金は年間で6〜7,000円である。
個人型確定拠出年金の場合、掛かった費用は全て控除される。仮に満額の年間24万円に設定した場合、この24万円ごそのまま控除され、税金は年間で見ると48,000円ほど安くなる可能性がある。
その差、1年で4万円である。30年間続けたとしたら120万にもなる。
これが個人型確定拠出年金から始めるべき理由である。

前提として、
年収400万ぐらいの会社員
勤務先に企業型確定拠出年金がない

※これは個人的な覚書レベルの内容であり、鵜呑みにはしないでいただきたい。
参考程度にはなるかと。